医学部入試情報局

 

大阪医科大学の2016年度入試情報

HOME > 私立大学 > 大阪医科大学の入試情報(入試科目・偏差値・学費など)

■募集人数:112名
(前期85名、後期15名、センター試験入試前期5名・後期3名、研究医枠入試2名、大阪府地域枠2名)
■受験料:6万円(センター試験入試は3.2万円)
■試験会場:立命館大学 大阪いばらきキャンパス、他
■判定:各試験とも一次試験の合格者のみが、二次試験(小論文と面接)に進める。


大阪医科大学の偏差値

大阪医科大学の偏差値は約70と、私大医学部の中では難易度は高めです。試験は国公立大のように、前期試験と後期試験があるだけでなく、センター試験を利用する入試も設けられています。

前期と後期は試験日程が違うだけで、試験科目や配点は同じです。後期日程は、何処も合格できなかった、浪人したくない受験生が殺到する為、競争率は非常に高くなる傾向です。

尚、2015年度入試より、センター試験後期枠が5名から3名に減少し、かわりに研究医枠入試が2名設けられました。合計募集人数に変更はありません。

また、2016年度より新たな募集枠として、2名分の大阪府地域枠が設けられています。

合格者の偏差値(目安)

2015年度入試の競争率

大阪医科大学の学費と奨学金

2013年度分の、大阪医科大学の初年度学費は、入学金や授業料、設備費など諸経費も合わせて948.5万円。また6年間総額の学費は3141万円と大学側が公表しています。私立大医学部の平均学費は約3350万円なので、平均的な金額です。

また大阪医科大学では、様々な奨学金制度を実施しています。例えば「大阪医科大学奨学金」は、年間170万円を無利子で貸与、卒業後10年で返済、又は大学内の研究部門で一定期間携われば免除されるということです。各学年5名程度が採用されるそうです。

その他にも同大学の同窓会が主催する奨学金や個人名義の奨学金なども設けられています。

2015年度入試より、研究医枠入試が新設されており、卒業後研究医の道に進むなど制約はありますが、学費が6年間で1627万円とおよそ半額になります。詳しくは、大阪医科大学の公式サイトをご覧下さい。

関連情報;研究医になるには(医者になる方法)

大阪医科大学の住所と連絡先

〒569-8686 大阪府高槻市大学町2-7 電話番号:072-684-7117

阪急京都線:高槻市駅よりすぐ

医者になる方法 | 医学部関連書籍 | 謎の神経痛克服記 | サイト免責事項 
当サイトでは情報の正確性に努めていますが、内容を保証するものではありません。
受験を考えている方は、必ず大学側に内容を確認して下さい。
Copyright (C) 2009-2015 医学部入試情報局. All Rights Reserved.