医学部入試情報局

 

慶應大学医学部の2016年度入試情報

HOME > 私立大学 > 慶應大学医学部の入試情報(入試科目・偏差値・学費など)

■募集人数:68名
■受験料:6万円

■試験会場:慶應義塾大学日吉キャンパス
■判定:一次試験の合格者のみが、二次試験(小論文と面接)に進める。


※試験の配点については、大学側が未公表なので省略しています。

慶應大学医学部の偏差値と競争率

慶應義塾大学医学部の偏差値は75前後と、私立大学医学部の中では最難関レベルです。競争率の数字以上に、難易度の高い入試です。慶応というブランドに加え、後述するように私学の中では学費が最も安いクラスの医学部であることが、偏差値レベルを押し上げています。

試験も、科目こそオーソドックスですが、内容はセンター試験のような基礎学力だけで解ける問題ではありません。特に英語の問題は、英作文など記述問題が多く非常に難解です。赤本で過去問題を徹底的に勉強して対策しておかないと、合格は難しいでしょう。

※関連サイト;医学部合格に必要な勉強時間

なお、試験の配点が公表されていないので、各教科や小論文も満遍なく勉強し、苦手科目を無くしておくことが重要です。

合格者の偏差値(目安)

2015年度入試の競争率

慶應大学医学部の学費

慶應大学医学部の初年度学費は、入学金や授業料、設備費など諸経費も合わせると約376万円に上ります。6年間総額の学費はおよそ2150万円となります。

国公立大が6年間合計で350万円程度であることを考えると、相当高額に見えます。しかし慶大医学部は、実は私学の中では学費は最も安いレベルの一校です。そして学費の安さが、入試レベルの高さに繋がっているとも言えます。

偏差値は高いですが、学費面ではそれに見合ったメリットがあることは間違いありません。

慶應大学医学部の住所と連絡先

〒160-8582 東京都新宿区信濃町35 電話番号:03-3353-1211

JR中央本線・信濃町駅よりすぐ。
地下鉄大江戸線の国立競技場駅からも徒歩5分ほどです。

医者になる方法 | 医学部関連書籍 | 謎の神経痛克服記 | サイト免責事項 
当サイトでは情報の正確性に努めていますが、内容を保証するものではありません。
受験を考えている方は、必ず大学側に内容を確認して下さい。
Copyright (C) 2009-2015 医学部入試情報局. All Rights Reserved.