医学部入試情報局

 

東京大学医学部の2016年度入試情報

HOME > 国公立大学 > 東京大学医学部の入試情報(入試科目・偏差値・学費など)

■募集人数:前期100名、後期なし
■受験料:1万7千円
■試験会場:本郷キャンパス

東大の赤門

かの有名な本郷キャンパスの赤門。観光がてらに訪れる人も少なくないです。

東京大学医学部の偏差値

東京大学医学部(理科V類)は、いうまでもなく日本最難関の大学入試試験です。東大理Vの偏差値は80以上とされ、センター試験でのボーダーラインは正解率95%以上と言われており、合格にはセンター試験でのミスは許されない状況です。

従って、東大医学部の合格者は、灘高校を筆頭に開成やラサールなど高学歴で有名な名門校が名を連ねています(医学部合格者の多い高校ランキング)。

2012年度は一次(センター試験)で約4倍の足切り(2段階選抜)が行われるとされています。一次試験の合格発表は2/8です。また2次試験(個別試験)で国語が含まれ、また面接が無いなど、医学部にしては珍しい試験科目・配点制度がとられています。

合格者の偏差値(目安)

2015年度入試の競争率

東京大学医学部の学費

東大医学部(理科V類)の学費は、他の国公立大学と同じです。初年度の学費は、入学金、年間の授業料、その他諸経費を合わせて約100万円前後、6年間トータルでは350万円前後と見積もられます。

東大医学部の進学制度

東京大学の入試は、各学部がそれぞれ文科・理科T〜Vまで6種類の名称で行われます。そして入学者全員が一旦教養学部に所属する形で2年間学習し、その後各学部に分かれて専門分野を学びます。

医学部も例外ではなく、まず理科V類の教養学部で2年間学び、その後4年間を医学部として医療分野の勉強をします。トータルで6年間学ぶ点は、他の医科大学と同様です。

但し、理科V類から医学部医学科への進学が全員可能であったのが、2008年度入学者より成績も考慮されるようになました。つまり場合によっては留年する可能性もあります。

逆に理科V類以外の学部からも、成績次第では医学部医学科に編入する事も可能です。

東京大学の住所と連絡先

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 電話番号:03-5841-3303 (医学部のある本郷キャンパス)

医者になる方法 | 医学部関連書籍 | 謎の神経痛克服記 | サイト免責事項 
当サイトでは情報の正確性に努めていますが、内容を保証するものではありません。
受験を考えている方は、必ず大学側に内容を確認して下さい。
Copyright (C) 2009-2015 医学部入試情報局. All Rights Reserved.